TOP
29.73score

Jboy

スポンサーKataribe

梅雨とはなんぞや

 日本の本州以南には雨が多く降る時期である梅雨が存在する。本州以南の人間は好き嫌いに関わらず、毎年六月頃には梅雨を過ごさなければならない。
 ではなぜ六月になると雨が多く降るのか?
 地球上の空気はその温度、圧力、風向き湿度が当然一様ではなく、場所によって様々である。同じような状態の空気の塊を気団と呼び、日本付近にはシベリア気団、オホーツク海気団、揚子江気団、小笠原気団などがある。初夏、つまり六月頃になると北はオホーツク海気団、南は小笠原気団が日本上空を覆うようになる。
 オホーツク海気団は寒気団つまり冷たい。それに対し、小笠原気団は暖気団つまり暖かい。オホーツク海気団、小笠原気団ともに海上で発達する気団であるので水分を多く含んでいる。
 一般に暖かい空気は膨張し、密度が小さくなる。つまり暖気団である小笠原気団は軽く、オホーツク海気団は重たい。これら二つの気団が日本上空でぶつかれば小笠原気団はオホーツク海気団の上に被さるように高度をあげる。高度が上がると気温は下がる(高山が雪を被っているのを思いだしてほしい)。すると小笠原気団の空気も冷やされ、気団に含まれる水蒸気が凝縮して液体の水となり、雲を形成する。こうして雨が降るのである。そのため二つの気団のぶつかり合う前線には、雲が作られ多くの雨が降るのである。この前線を梅雨前線という。梅雨前線は北海道上空では停滞しないので北海道には梅雨が存在しない。
 梅雨前線が他の前線と違う点は、オホーツク海気団と小笠原気団とが六月頃は片方が優勢になったり劣勢になったりして、日本上空で押し相撲のように行ったり来たりしていることに起因する。このために前線も日本上空にとどまることになり長い期間雨を降らせるのである。
 もっと気温が上昇し夏になれば、オホーツク海気団は北に追いやられ、小笠原気団が卓越する。こうして梅雨は終わる。
 雨が長引くと何かと不便だが、日本の豊かな森と、稲作の普及は梅雨によるところが大きい。梅雨の長雨も花鳥風月の一部としてとらえ、愛でられるような風流な人間でいたい。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2018-05-30 21:55

コメント (0)